• その他のWestlawサービス
  • ヘルプ
  • お問い合わせ


 検索:一般的な事項

    検索画面

   Westlaw Japanで目的の文書を検索するには、コンテンツ別に用意されている検索画面を画面右上のタブより選択します。

    

   検索画面は「セクション」と「フィールド」に大別されます。
   「フィールド」は各項目の入力を行う単位(例:判例の「裁判所名」、「判決日」など)、「セクション」は、これらのフィールドが集まったものです。
   同一セクション内の複数のフィールドに条件が入力されると、すべての条件を満たす文書の検索を行います。
   また、複数のセクションに条件が入力されると、すべての条件を満たす文書を検索します(AND検索)。


   フリーワード検索

   キーワード入力欄上の「フリーワード」をクリックすると、シンプルな形式の検索を利用することができます。
   複数の言葉を掛け合わせて検索したい場合は、スペースでつなげて入力します。
   検索結果の文書には指定したキーワードがハイライトしてヒットした箇所をお知らせいたします。
   属性情報および隠しキーワードよりヒットした場合はハイライトが見つからない場合もあります。
  (判例検索画面の例)
  

    AND/OR検索

   キーワード入力欄上の「AND/OR」をクリックすると、マトリックス形式の検索を利用することができます。
   マトリックス検索では、「AND(かつ)」を縦軸に、「OR(または)」を横軸に配置することにより、より直感的に複数の検索語を掛け合わせて検索することができます。
   また、それぞれの検索語にプルダウンメニューで「NOT(除く)」を付することができます。これらのコネクターは、適宜組み合わせて、効率的に情報にたどり着くことができます。
  マトリックス検索画面上でコネクターを使用した場合には、以下のルールが適用されます。

     ・BUT NOTは条件文の文頭では使用できません。
     ・複数のコネクターを使用した際の、検索の優先順位はNOT、OR、ANDの順番となります。

  (判例検索画面の例)  

    同義語

  キーワードのフィールドの右下にある「表記の揺れを含む」というチェックボックスには、デフォルトでチェックが入っています。
  同じ言葉の表記が複数存在する場合の「表記の揺れ」を考慮せず、キーワードに入力したそのままの文字で検索する場合には、チェックを外して検索します。
  検索した文書では、同義語でヒットしたキーワードもハイライトして表示します。


    コネクター

  WestlawJapanのキーワード検索では、入力の際にAND検索(かつ)、OR検索(または)、BUTNOT検索(除く)などのコネクターを利用することができます。
    ・複数のコネクターを使用した際の、検索の優先順位はNOT、OR、ANDの順番となります。
    ・AND検索……検索する複数の単語のすべてを含む文書を検索することです。
   ・OR検索……検索する複数の単語のいずれかを含む文書を検索することです。
   ・BUTNOT検索……特定の単語を含まない文書を検索することです。
  これらは括弧を用いることにより、組み合わせて利用することができます。
  条件文の文頭では使用できません。
    

コネクター 省略文字 説明・用法
AND 全角スペース
半角スペース
&
前後の語句のどちらも含む
表記例: 瑕疵 AND 賠償
(「瑕疵」と「賠償」の両方の語句を含む)
OR  前後の語句のどちらかを含む
表記例: 借地 OR 借家
(「借地」か「借家」のどちらかの語句を含む)
BUT NOT %
(パーセント)
直前の条件に直後の語句を含まない
表記例: 貴金属 OR 宝石 BUT NOT ダイヤ
(「貴金属」か「宝石」のどちらかの語句を含むが「ダイヤ」という語句は含まない)
“ ”  引用符””を使用すると、空白を含めて検索できる
表記例:“ジョン スミス”
(苗字と名前をスペースを含めた連続した文字列で探す場合など)
( )  括弧は検索条件に優先度をつけるために使用する
表記例:(土地 AND 家屋) OR 建物
(「土地」と「家屋」の両方の語句を含むか、「建物」という語句を含む)
/p  直前と直後の語句が同一の段落内に含まれる
表記例:土地 /p 建物
(「土地」と「建物」が同一の段落に含まれる)


    絞込検索

  検索結果が表示された状態で更にキーワード検索により検索結果を絞り込むことができます。
  検索結果一覧の上部にある入力ボックスに絞り込みたい語句を入力し、「絞込検索」ボタンをクリックします。


    検索ボタン
  「〜検索」とは、入力する値が明確でないときなどに利用するサポートツールで、入力した語の一部を含む入力候補を一覧表示します。

  次のフィールドの値の入力時に、使用できます。
  
ボタン名使用できるコンテンツ
裁判所検索判例
裁判官検索判例
誌名検索判例
著者・編者名検索書籍/雑誌  文献情報
法令名検索書籍/雑誌
発行所検索書籍/雑誌  文献情報
書籍・雑誌名検索書籍/雑誌  文献情報
  
  「判例」タブおよび「書籍/雑誌」タブ中の事件番号の「符号一覧」ボタンは、事件記録符号の一覧が表示されます。
  ラジオボタンを選択してOKをクリックすると、事件符号が入力された状態で画面に戻ります。


よくある質問

    1.キーワード検索をすると結果が多すぎて確認しきれないのですが?

  検索結果に漏れがないようにするためには、キーワードをなるべく短くすることが有効です。
  しかし、あまりにもキーワードが短いと不要な検索結果ばかりになったり、件数が多すぎるといったことになります。
  はじめはなるべく広めに検索結果を得られるように検索してみて、検索結果を見ながら、キーワードを追加したり別の条件を加えることによって検索結果を絞るようにすることが有効です。


 2.Proサーチとは何ですか?

  Proサーチは、2つ以上の検索語の間の文字数及び語順を指定して、検索結果を絞ることができる機能です。
  検索用のテキストボックスに複数の語をスペースで区切って入力します。
  複数の検索語の間に入る文字数を1文字~255文字以内で指定します。
  検索語の並び順を指定できます。


    3.「〜検索」というボタンの使い方は?

  「〜検索」という機能は、検索で使用したい語句の一部が不明なときなどに利用するサポートツールです。
  「〜検索」ボタンをクリックすると小さい別窓が開きます。別窓の上部に検索したい語句を入力して検索ボタンを押下すると、下部に当該語句を含む用語が一覧されます。
  チェックボックスにチェックを入れたりラジオボタンで選択した後OKボタンを押すと、検索条件が追加されます。


    4.表示された検索結果をもう少し絞り込みたい

  検索結果の画面左上にある「キーワード」と書かれた入力ボックスの中に検索語を入力の上、「絞込検索」ボタンをクリックしてください。
  直前の検索結果に対し、AND条件でキーワード検索を行い、結果を絞り込むことができます。